FC2ブログ

注射部位肉腫 その2

《迷子犬グーちゃん》を探しています!
guu.jpg
5/21徳島の小松島より行方不明の『グーちゃん』です。
目撃情報が皆無ゆえ、広域に移動している可能性もあります。

特徴
グレー(灰色)・ねずみ色の中型犬・体重13キロ・メス・7歳・長毛
顔は白っぽく、足先と胸は白色


グーちゃんの詳細は11月8日の記事をご覧下さい

小さな情報でも、間違えていても構いません。
見かけたらご一報願います。

yonyon_sukisuki@yahoo.co.jp

上の写真をグーちゃんが見つかるまで、ブログのトップに固定します。




こんばんは、ジュジュのママです。

風がビュービューで、氷点下の朝でしたが、
お日さまが射し始めると暖房なしでも大丈夫でした

明日は冷たい嵐の予報です

P1520518.jpg
太郎の腫瘍を注射針で刺して採った、細胞の検査結果がでました。

『注射部位肉腫』を積極的に疑う必要はないそうです。

少しホッ

でも、良性だと断定は出来ないので、1ヵ月後に再検査になりました。


P1520560.jpg
腫瘍を手術で取り除くことはせず、様子見です。

肉眼でも腫瘍が大きくなってきたのが分かったら、
即、再検査になりますが、

太郎は、「1ヶ月間は通院の苦痛から開放されました


P1520561.jpg
昨日も書きましたが、

確率はすごく小さいけど、
ワクチンだけでなく、抗生物質でもインシュリンでも、
薬を注射すると、『注射部位肉腫』になる可能性があるそうです。

肩甲骨の間に腫瘍が出来ると、切除が大変です。


P1520342.jpg
健康な猫さんの注射は、やはり「ワクチン接種」だと思います。

ワクチン接種に行った時に、
獣医さんが肩甲骨まわりに注射しようとしたら、

言いにくいと思いますが、
「後ろ足にお願いします。」と言ってあげて下さい。

「私の知っている太郎ちゃんって猫が、大変だったんです!!」
遠慮なく、話のネタに使ってくださいませ。

今回、セカンドオピニオンは大事だと痛感しました。

『悩んでいるより、セカンドオピニオン』ですよね。


P1520559.jpg
「母・すみれ」、私の目の前でご飯が食べられるようになりました


お手数をかけますが、下のバナーをポチッとお願いします。  
 ↓ ↓ ↓クリックしてね!
ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村

お手数をかけて申し訳ないですが、
上のバナー2つをポチポチッと願います。

ご協力に感謝いたします。
じゃあ、また明日!!



↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
楽天のアフィリエイトに参加しています。
楽天でお買い物の時は、上のバナーから入って下さると幸いです。

皆さまのポイントは通常通りです。


アマゾンでのお買物はこちらからお願いいたします。


フィラリア・ノミダニ駆除薬などが輸入できます。

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/15 (Mon) 20:34 | REPLY |   

みふぁそら母  

太郎ちゃ〜〜ん。
一カ月後には きっときっと
そう信じて おババパワーを
送り続けるわね(^○^)

ワクチン 私も 来年は 後ろ足に
お願いしようと 思います。
みふぁの シャー パンが復活し
そうだけど ~_~;
いや、その前に 足を出せるかだ!
診察台では 手足 なくなりまし
たぁ〜の 構えだからね。

2014/12/15 (Mon) 22:00 | REPLY |   

ジュジュのママ  

Re: 今晩は。

鍵コメ さま

こんばんは!
寒いですねぇ~~~~~。

太郎の腫瘍がこのまま消えるよう祈り続けてみます。

2014/12/16 (Tue) 20:42 | REPLY |   

ジュジュのママ  

Re: タイトルなし

みふぁそら母さま

手足なくなりました!!
分かります。分かります。
我家の猫さんも、診察台の上ではマンチカンになります。

2014/12/16 (Tue) 20:44 | REPLY |   

Post a comment